思った通りではなく、、、

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

 

テニスアカデミーラフ福岡校の松岡です。

 

 

 

さて、記念すべきアカデミー福岡校965日目のブログです。

(開校日からの日数なので正確にはもう少し多いですが)

 

 

忘れないうちに告知です!

 

明日から博多の森で第97回全日本テニス選手権 西日本大会福岡県予選が始まります。

 

全日本選手権の福岡県予選ですね。

 

今回はアカデミーから井上コーチ、相原コーチ、相馬コーチが出場します!!!

 

今回も6/26(日)の男女シングルス決勝がライブ映像配信されますので、ぜひ会場で、そして動画で熱い応援をお願いします!

 

だれが勝つかな~楽しみですね。みんな、頑張ってこい!

 

 

 

 

 

 

ということで前置きも終わりましたので、本日も何を書こうか特に考えずにこのブログを書き始めています。

 

今この瞬間に思ったこと、感じたこと、思い出したことを書けたらいいな~と見切り発車をしていますので、本当にお暇な方だけお付き合いください。

 

 

 

 

 

全然関係ない話ですが、みなさんご存じのとおり私は4人兄弟の3男として瀬戸内海で生まれ育ちました。

 

 

 

長男は5歳上です。

 

兄は自身の結婚披露宴のラストの新郎挨拶の時に、胸ポケットから紙を取り出して読み始めたかと思ったら、それは何も書かれていない白紙のものだったということがありました。

 

その瞬間に感じたことを話したくて何も用意をしなかったと言っていましたが、それが本音だったのかボケたのかは定かではありません。

 

 

 

「その瞬間に感じたこと」というのは間違いなくリアルで、その時の強烈な感情が、その時の風景が、さらには映像としてまで思い出させてくれます。

 

私も自分の結婚式の挨拶や、昨年の杉山プロイベントなどで挨拶をさせてもらった時は何にも考えずに本番に臨んだのを覚えています。

 

 

 

 

 

今日は少しだけ自分のテニスコーチ人生を振り返ってみようかと。

 

 

私は19歳でテニスコーチになってから今年で19年が経ちました。(多分)

たまに自分が何歳か分からなくなる微妙な年齢になってきました。

 

 

 

 

私はあまり写真などで思い出に残すタイプではないのですが、やはりこのテニスコーチとしての19年の中で起こったこと、出会った人、嬉しかったこと、悔しかったこと、号泣したこと(ジュニア達は信じられないかもしれませんが)、数えきれない多くの記憶が頭の中に残っています。

 

 

 

その大半を占めているのはやはりジュニア達の存在であり、今までにどれだけのジュニア達に関わってきたかは分かりませんが、やはり自分のコーチ人生の大半はジュニア達と共にありました。

 

 

 

 

このブログを書き始める前にたまたまふと目に飛び込んできた言葉

 

 

 

人生は

思った通りではなく

行動した通りになる

 

 

 

私が子供のころからの夢だった小学校の教師の道を辞めて、テニスコーチの道を志した22歳の時。

 

「コーチングを極めること」

 

「クリニックで全国から呼ばれるようなコーチになり、最終的には本を出版すること」

 

この二つの目標をたてたのを覚えています。

 

もちろん今でもこの目標は変わっていません。

 

 

 

 

今日が当時思い描いていた「未来」ではありませんが、まさに自分が行動した通りの後悔のない「今」があると感じています。

 

 

 

 

たくさんの子供たちが選手として試合にデビューしていきました。

 

たくさんの子供たちが試合に勝って喜びの報告をしてくれました。

 

たくさんの子供たちが負けて悔し涙の報告をしてくれました。

 

たくさんの子供たちが福岡県のタイトルをプレゼントしてくれました。

 

たくさんの子供たちが九州大会に連れて行ってくれました。

 

そしてその中の一部の子供たちが全国大会という舞台を経験させてくれました。

 

松岡修造プロや杉山愛プロにも会うことができました。

 

フロリダ遠征の一週間前に機種変した携帯がアジア圏でしか使えないということもありました。

 

そのせいでアメリカで迷子になったこともありました。

 

公衆電話を使おうにもコインも持ってないし使い方もわからず黒人の男性に助けてもらったこともありました。

 

Junior Orange Bowlのサインインの時に、当時23歳だったのに14歳以下に間違えられ参加賞のTシャツをもらったこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

「こんなに頑張ったのに勝てなかった」

 

「今回の試合の為に、とても努力してきたのに」

 

 

試合に負けた時は、少なからずそんな感情も出てくると思います。

 

 

落ち込んで、泣いて、テニスを辞めたくなる時もあると思います。

 

 

 

しかーし!

 

 

 

ただ思い描くだけでは変わりません。

 

 

思いが強ければ強いほど、それが行動となります。

 

 

 

 

結果を変えたければまず考え方を変えんとね

 

考え方が変われば行動が変わるよ

 

人を変えようなんて思ったらいかんよ

 

まずは自分を変えんといかん

 

 

 

私が唯一尊敬する女性コーチから言われたこの言葉が、今の自分を作っています。

 

 

 

 

 

アカデミーで過ごすのも残り一週間です。

 

ラスト一週間は、こんな内容のことをレッスンで話すと思いますので、ジュニア達はしっかりとこのブログをちゃんと読んで、私から言われるであろうことを予習しておきましょう。

 

 

抜き打ちで問題を出します。

 

 

 

 

 

ということで、みなさんご期待のストレッチチャレンジですが、今週は写真が撮れていません。

 

カメラマンのリコ、エリ、タカシがさぼったのでしょう。

 

 

 

体柔らかくなりたい!と思っていてもいまいち柔らかくなっていないという事は、行動が足りないのでしょう!!

 

 

 

 

週末から天気が怪しいですが、元気いっぱいいきますよー!!!!!

 

 

ファイトー!

いっぱー---つ!!!

 

 

 

 

 

エンジョイ☆テニス

福岡市西区にあるテニススクール

テニスアカデミーラフ福岡校

松岡でした。