サーブ練習会のご参加ありがとうございました!

こんにちは!

 

 

僕です。

 

 

お久しぶりです。

 

 

そうです、僕です。

 

 

帰って来ましたよ。

 

 

僕のブログ更新を心待ちにしていらっしゃった皆様、

 

 

お待たせ致しました。お待たせし過ぎたかもしれません。

 

 

畑中です!(歓声、割れんばかりの)

 

 

8月になりまして気温が30度を上回る事も増えてきました。

 

 

熱中症にはご充分にお気を付けください。

 

 

さて今回は

 

 

本日行われました「サーブ練習会」のご報告でございます。

 

 

まずは小学生の部です。

今回、少数の参加でしたのでたっぷり時間とボールを使いほぼプライベートレッスンのような練習をすることが出来ました。

 

 

各選手の要望とレベルにに合わせていい練習ができました。

 

 

暑い中頑張ってくれて本当にありがとう!またやろうね!

 

 

最後は後半のマッチ練習を手伝ってくれたみんなと記念撮影。

 

いーい写真です。

 

 

 

 

さて、次は中学生の部

 

 

テーマはセカンドサーブ。

まずは

 

 

こちらを御覧下さい。

 

 

 

サミュエル・グロス 263km/h

アルバーノ・オリベッティ 257km/h

ジョン・イズナー 251km/h

 

 

こちらは現在の男子サーブスピード世界記録トップ3でございます。

 

 

水平飛行で最も速い鳥・ハリオアマツバメより100km/h近く速いスピードで飛んでくるというほとんど冗談のようなスピードです。

 

 

すんげ。

 

 

皆様この3選手をご存じですか?

 

 

かなりテニスに詳しい方でも3人とも顔が浮かぶという方は少ないのではないでしょうか?

 

 

では続いてこちらをご覧ください。

 

 

 

ラファエル・ナダル 59.5%

ロジャー・フェデラー 59.4%

ミロス・ラオニッチ 57.4%

 

 

ご存じの選手はいらっしゃいましたか?

 

 

こちらは2019年シーズンのセカンドサーブからのポイント獲得率トップ3でございます。

 

 

もはやサーブ一本のみ縛りでも勝てそうな数字ですね。

 

 

あなおそろしや。

 

 

この二つのデータから言えることは

 

 

スーパートップの選手はセカンドサービスのクオリティが非常に高い

 

 

ということです。 

 

 

どれだけ効果的なセカンドサーブを打つことが出来るかが

 

 

勝利を掴むための重要な要素なのかも知れません。

 

 

今回の記念撮影は

 

 

生徒数が少ない学校の修学旅行風

明日は小手川杯です。

 

 

暑い中での試合になると思われます。

 

 

こまめな水分補給が

 

 

オススメデスクトップ!

 

 

 

エンジョイ☆テニス

大分市にあるテニススクール

名言風に名言じゃないこと言います。10円と5円で15円である。

アカデミー校畑中でした。